<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

1月第1回目ビジネス交流会(朝会)

1月ビジネス交流会(朝会) 14日(木)今年第一回目のビジネス交流会(朝会)が大塚のベルクラシックホテルで開催されました。

朝から寒波の襲来でとても寒く、車のエンジンが凍てついて動かず、残念ながら参加できない人もいらっしゃいました。
そんな外の空気とは違い、ビジネス交流会の会場の中は、無茶苦茶燃えるように熱かったです!

今年最初ということもあり、34名の方にご参加いただきました。

予想以上の方の参加に、残念ながらお断りもさせていただかなくてはいけない人も出てしまい・・・
お食事も、和定食の数が足りず、洋食に一部変更させていただいたり・・・
一人ずつの自己紹介の時間が十分に取れなかったり・・・
本当に、予想以上の参加者に、十分な対応が出来ずこちらの不行き届き、大変申し訳なく思います。

しかし、集まって下さった素晴らしい方々のエネルギーに後押しされ、会は大盛り上がりになりました!

また、ここから一年が始まりました。

みなさん、一緒に頑張っていきましょう!!

ナカヨシ * - * 14:08 * comments(33) * trackbacks(0) * pookmark

2010年初詣からスタートしました!

新年明けましておめでとうございます!
昨年は、大変お世話になりありがとうございました!

「ビジネス交流会」や「志魂塾」では、たくさんの参加者に恵まれ、そこから色んなビジネスのマッチングを成幸させることができました。
また、講演会の講師の機会も多くいただき、私の考えや思いを伝えられ、共感を得てくださる方との貴重なご縁ができました。

感謝しても感謝しきれないほど・・・

みなさまありがとうございました!


【ゆく年2009・くる年2010】

靖国神社2009年大晦日には「靖国神社」に参拝してきました。ここの神社は、日本の国を守るため本気で戦い抜いた英霊が、ご祭神としておまつりされてあります。
私達がこのように毎日平和で生活させていただけるのも、このような方々の尊い命の上に成り立っていることを感謝申し上げるために、お参りさせていただきました。

東京大神宮明けて、元旦は「東京大神宮」に参拝してきました。ここは「東京のお伊勢さま」とも言われ、日本の神様の代表である「天照皇大神(アマテラスオオミカミ)」様をおまつりされています。
「2010年が、輝かしい一年になりますように、皆のビジネスマッチングが成幸し成就しますように!」と誠心誠意ご祈願申し上げてきました。

氷川神社2日は、埼玉県大宮の「氷川神社」に参拝してきました。ここのご祭神は「スサノオオノミコト」様です。大不況の日本経済、私にも突破する力をいただけるように、ご祈念させていただきました。

富岡八幡宮4日には、仕事の仲間達と「富岡八幡宮」に参拝してきました。

今年の年末年始はゆっくりと神社に参拝できたので、しっかりと私自身もエネルギーを充填できました。





それでは今年も「元気と勇気と情熱」を持って激動の時代を走り抜けます!

2010年も皆様にとって素晴らしい一年になりまように!

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます♪

 

ナカヨシ * - * 18:13 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

今年最後のビジネス交流会(朝会)(昼会)!

ビジネス交流会(朝会) 24日、今年最後のビジネス交流会を朝会7時〜と昼会12時〜の2回に分けて開催しました。

朝会には、初めて参加してくださった方が12名で合計17名。
昼会には、初めての方3名で、合計13名、全体でのべ30名にもご参加いただきました!

この日はクリスマスイブということもあり、皆様にささやかではありますが
ディズニーの「プレミアムマグカップ」をプレゼントさせて頂きました!

いつもの常連メンバーさんから今回は心機一転、新しい方々が多く活気溢れる交流会でした。

次回来年は、1月14日(木)の7時〜同じく、大塚のベルクラシック東京で行います。

今年もいっぱい良い出会いが出来、私としても皆様に喜んでいただいて本当に嬉しい限りです。

また来年も、どんどん開催していきますので、よろしくお願いします!

 

ナカヨシ * - * 18:39 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

日比谷公会堂に天女降臨★「瑞穂舞2009」鑑賞

瑞穂舞2009パンフレット 20日の夕方から、ちょっと仕事から離れて、日比谷公会堂にて幻想的な世界を体験させていただきました。
浅野瑞穂さんが主催されている「浅野瑞穂舞踊研究所」の年に一度の舞踊発表公演「瑞穂舞2009」を観に行ってきました。
実はここの舞踊研究所さんとは、不思議なご縁があります。日夜レッスンされている稽古場が、うちのNPOの事務所の近くにあり、またここの研究生がうちの理事にいるのです!
なので、「瑞穂舞」というものは何となくは知っていたのですが、ちゃんとした舞台を観たのはこれが初めてでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★瑞穂舞とは★

それは誕生以前の記憶・・・
地・水・火・風・空の五輪を映す鏡
自らの身体を限りなく透明にしながら
森羅万象を映しだす鏡になり
時間と空間を自在に往還して
一瞬が永遠となる世界を現していく
からだが太陽と月を映し、
風になり、火になり、光になり、水になる
自然の精妙なゆらぎや豊かな心の世界を宇宙的に表現します
                       (公演パンフレットより抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古来から伝わる大和の根源エネルギー、日本の女性美、地球の創生、生命の躍動・・・
なんとお伝えしたらよいのか・・・
とにかく面食らいました!!!

特に浅野瑞穂さんの手のしなやかな動きだけで、森羅万象を表現されていることに感動していました。
まるでこの場に、本当に天女が降臨しているのかと思いました!

「舞い」というのは人間の身体を使ってできる最高の表現方法です。
それを観ただけで、その人の魂の深い部分まで届き、何かを揺り動かすことがきます。

一緒に観ていた人の感想も、
「まるで天国に行ったみたいで、心が洗われるようだった・・・」
「日ごろから溜まっている悪い部分が、全部落とせたようだ!」
「なぜだか涙が溢れて止まらなかった。」など
感動がいつまでも余韻で残っている方が、続出していました。

日常からひととき離れて、心と魂をリセットできました。

ホールでの公演だけでなく、神社やお寺での「奉納舞」もされているようです。

みなさまも是非機会があれば、実際に観て舞が織り成す感動を体感されてください♪


ナカヨシ * - * 16:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

川崎区準倫理法人会でモーニングセミナー講師

川崎区準倫理法人会セミナー 昨日は、神奈川県の川崎区準倫理法人会へモーニングセミナーの講師として参加してきました。
いつも早起きなのですが、今朝は超早起きの3時59分起床です!
JR「鹿島田」駅から歩いて3分ほどのところにモーニングセミナー会場はありました。

今回の講義は「100年に一度の大不況にうまくいく人・うまくいかない人」という内容でお話させていただきました。とにかく私の売りは、「元気!・勇気!・情熱!」ですので、それをお伝えできるように心がけていました。
まず、私のプロフィールを最初にお話させていただき、24歳に起業したころから今に至るまでの変遷をお伝えしました。
そして、こんな不況下においても右肩上がりのディズニーのビジネスについて、どのような仕組みで発展し続けるのかを話の中心に、関わるものが皆喜ぶビジネスモデルの構築が「成幸」の秘訣であると具体例をあげて、話をまとめました。
私もディズニーには何かと関わっていますので、スタッフ側に立った裏話も含めて話題提供をしたので、興味深く聞いていただきました。
モーニングセミナーが終わったあとの朝食懇親会の時には、「日本を背負って立つリーダーとなって頑張ってください!」と、大先輩の方々からお声をかけていただき、身の引き締まる思いがしました。

改めて自分のこれからの立場をしっかりと固めていくのに、今回は良いアドバイスもいただけました。

このたびお声をかけていただきましたNPO法人ふれんでぃ代表の渡邉二郎様には、大変お世話になりました。仕事の面でもご協力できることがあるかと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、川崎区準倫理法人会さまにおかれましては、益々のご発展を祈念いたします。

このご縁を大切に、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
ナカヨシ * - * 15:10 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2009年最後の志魂塾は大盛況!

12月の志魂塾 今年最後の志魂塾が14日に開催されました。この金融不安なご時世、とっても必要な情報が満載でした!
「借金を攻略し、大不況から脱出する方法」と題して、ウィンコンサルティング蠅梁緝充萃役 齋藤慶助氏にとっても熱く語っていただきました!
会社案内に「商品は、勇気、希望、安心です。」とある意味がよく理解できました。まったくその通り、100年に一度の大不況といわれるこの時困っている人々に生きる「勇気・希望・安心」を思いっきり与えられます!

【講話内容】
1,支配人とは
2,借金の限界は年商の30%
3,不良財務会社の処理方法
4,自己破産をしないで借金を減らす方法
5,自宅と財産を守る方法
6,危ない取引先の見分け方
7,商品力と家族愛

どの内容も面白いし興味深い!

あぁ・・・そういう風に事実を捉えて対処すれば、解決への道が開けるな!

とか

そんな法律があったのか!

など、びっくりなネタがどんどん飛び出してきていました!

知っていて全く損はないし、転ばぬ先の杖をもらった感じです♪

今回は急遽10日に開催の件が決まったので、講話を聴きたいけれど聴けない人も続出しました。

聴けなかった人、大変申し訳ありませんでした(謝)。

今回の話が大盛況だったので、別の機会にまた開催しなくては・・・と思いました。

お金のことをスッキリ片付けて、来る2010年を気持ちよくスタートしたいですね!

今回は急な講師依頼にもかかわらず、快くお引き受けくださって

齋藤講師、本当にありがとうございました♪

 

ナカヨシ * - * 17:21 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

★緊急告知★今年最後の志魂塾14日(月)開催

汐留めのビル群早いもので、もう2009年も後残す所、あと半月ちょっとです。
今年を振り返ってみて、どんな一年でしたか?政治の世界で一番大きな変化は、自民党から民主党に、政権交代したことでしょう。
このままでは日本はこの先マズイと、誰もが判断して、「今しかない!」と強く心に表れた大変化だったと思います。
これを期に、2010年も益々、加速して大激変していくことでしょう!
さて、今年最後の志魂塾は、まさしく「このままではいけない…」、
「今しかない!」という、この時期にピッタリなテーマです。


---------------------------------------
借金を攻略し大不況から脱出する方法
---------------------------------------

と題して、今社会問題になっている個人借り入れの「消費者金融」や「クレジットカード」の多重債務問題、また企業の「債権処理」問題を、大変分かりやすく分析しその解決方法をお話下さいます。

人にはなかなか言えないけれど、「このままではマズイ…」と思っていて、相談出来ずにいる人。
今はそうでなくても、いつ何時自分の身に降り懸かるか分かりません。
大不況のさなか「転ばぬ先の杖」として、知識として知っているだけでも、対処方法が全然違います!

何かが起こってからでは、遅すぎます。
どこも教えてくれない、プロの話は、とても聴く価値、有りです!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
講師:齋藤慶助氏
   (慶んで人を助ける)
ウィンコンサルティング株式会社 代表取締役

○講師紹介○
ノンバンクで支配人として、貸金の法的手続きによる回収に従事。
30歳で独立後は責める知識、知恵を逆に使い財務的に困窮している個人、
法人を助け、事業再生及び経営コンサルティングを行っている。
現在、顧問先は約100社、今まで手掛けた会社は、800百社以上にもなる。

○主催者中谷よりコメント○
齋藤社長は、学生時代は円盤投げの選手として大活躍されて来たという
経歴をお持ちです。
熱血溢れるパワフルな経営コンサルタントさんです。
普段の仕事は大変厳しい内容なので、勝手にとてもイカツイイメージが
あったのですが、熊さんのような優しいお顔がとても印象的な紳士の方です。
この時期に「年が変わる前」に、是非皆様に知ってもらいたい事があります。
ここだけでしか聞けない「マル秘情報」を公開していただきます!
是非、年内中に、お金の悩み事を解決して、来年をスッキリと気持ちよくスタートさせましょう!

---------------------------------------------------------------
日時:12月14日(月)
18:30受付
19時開始
場所:新宿ジェイズ
(東京都新宿区歌舞伎町1-1-16 テイケイトレードビルB1)
会費:講演会2000円
懇親会:4000円
オーガニックレストランジェイズ自慢の新鮮な野菜、
厳選された食材を使ったフレンチをお楽しみ下さい。
---------------------------------------------------------------

出席の方はメールにて、ご連絡よろしくお願いします!
info@shikonjuku.jp
ホームページからのイベント参加申込みはこちら↓
http://www.shikonjuku.jp/event/detail.html?event_id=82&uid=296&ukey=RqiNVVVcGhHFuRd
当日、お会い出来る事を心待ちにしております。
人脈活性化コンサルタント
中谷昌文
_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

 <志魂塾 運営事務局>
 〒160-0021
 東京都新宿区歌舞伎町1-1-16-9F
 TEL 03-5272-1558  FAX  03-5155-7615
 E-mail info@shikonjuku.jp
 志魂塾【本気で日本を考える若手企業家たちの挑戦】
 http://www.shikonjuku.jp/
_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

ナカヨシ * - * 14:42 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

12月第一回 ビジネス交流会(朝会)

12月10日ビジネス交流会 昨日の10日は、12月の第一回目のビジネス交流会(朝会)が開催されました。
今回は最近のこの交流会での「マッチングの事例」をお伝えしようと思います。
個人情報上の問題から具体的な名前は出せないので、その辺はご了承ください。
活気あるマッチングが様々な形で起こってきています♪

事例1:公認会計士さんが、新規に2社の顧問契約と決算処理2件の契約が受注できました。
事例2:司法書士さんが新規株式会社設立登記の作成に関する契約が受注できました。
事例3:投資会社の方が新規顧客の契約を獲得できました。
事例4:ホームページ製作会社の方が新規製作の契約が受注できました。
事例5:天然石アクセサリー販売の方が受注できました。
事例6:運輸業者の営業の方が新規取引を7社も獲得できました。

まだ、社会人になる前の起業を志す学生さんは、たくさんの経営者の方々の活きたビジネスの話を聞けて将来に向けての「起業ビジョン」を設計するのに役立っています。
学生時代に聞いた話は、この先ビジネスを行うにあたり大いに糧になると思います。
これ以外にも、ここで知り合った方同士で、互いの会社を訪問したりその後交流を深め合っています。

このビジネス交流会の「場」が、参加者の将来の「夢」や「希望」を叶えるために、提供できれば良いなと心より思っています!

次回の開催は12月24日(木)朝7時より同じホテルベルクラシック東京にて行います。
その後、12時からは、ビジネス交流会(昼会)を忘年会と兼ねて行います!
こちらは、特別に「ランチコース料理♪」をホテルのレストランに頼み込んで用意していただきました。
参加費は、どちらも豪華な料理、ドリンク飲み放題も付いて2,500円となっております。
朝だけの参加、昼だけの参加、どちらも参加、どういう参加でも大丈夫です。
夜は忙しいでしょうから、空けております・・・(笑)

クリスマスイブの日に、来年のことを語り合いながら、一緒にビジネス交流を図って行きましょう!
これが、今年最後のビジネス交流会です。
今年の出会いは「今年のうちに」!
その出会いで、一緒に来年の2010年の運気を引き寄せていきましょう

ナカヨシ * - * 23:32 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

東京スカイツリー(新タワー)建設に思う

東京スカイツリー建設中 隅田川のほとりに建設中の東京スカイツリー(仮称:新タワー)が、段々と容姿を現してきています!

現在の高さは224mで完成時の3分の1程度です。世界の電波塔高さの最高記録634mにもなるそうです!

現在の東京タワー333mなので約2倍の高さになりますね。

あとちょうど2年後の 2011年の12月に竣工し、2012年の春より運用されるそうです。

何か塔がしだいに成長してくる姿を追っていくのは、新たな未来への成長と重ねて見られて、気持ちがワクワクしますね!

現在の東京タワーが出来た頃は、高度成長期を迎え、東京オリンピックで日本を世界へアピールしてきました。

それから約50年経って、もう一度オリンピック招致に賭けてみましたが、残念ながらブラジルで開催が決定されてしまいました。石原都知事も頑張って健闘されましたが2度目の東京オリンピック開催の夢は叶いませんでした。さて、次回の日本での開催予定地として立候補するところは、どこになるのでしょうか?  私は、自分の生まれ故郷でもある世界平和の町の広島、もしくは長崎での開催を応援して行きたいと思っております。

 

広島の原爆をテーマにした映画で、ひとつ気になっているものがあります。

以前は「原爆の火」という題名だったのですが、現在はGATE」という題名で自主上映されています。

 

東京では次回は
2010年1月27日(水)立正大学の石橋湛山記念講堂にて上映会があります。


第一部13:00(開場12:30)

第二部15:30(開場15:00)

料金は1000円です。

 

60年前の広島で第二次世界大戦終戦という名目で、世界最初の原爆が落とされた。

その原爆の火を60年もの間絶やさず燃やし続けていたという奇跡に近い事実。

その「原爆の火」をアメリカに戻すことで、この負の連鎖を絶ち仏教で言われる輪廻を終わらせるためにある僧侶達が立ち上がり、2500キロの「祈りの道の旅」が始まった。

 

その様子をドキュメンタリー映画としてまとめたのが、映画「GATE」であります。

ぜひこの映画は観ておこうと思います。

ナカヨシ * - * 23:05 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

櫻井よしこ講演会で国家について考えてみる

櫻井よしこ(国基研)毎日当たり前のように普段の生活を送っていて、いつ日本という「国家」について考えることがあるでしょうか?

私自身も、日々の生活や仕事に追われていたら「国家」について真剣に考えることから少し遠ざかっていました。

 

そんな時、九段会館大ホールで開催されたジャーナリストの櫻井よしこさんの講演会に行く機会がありました。会の主催は、一般財団法人国家基本問題研究所で櫻井さんはそこの理事長です。

講演の題目は「誇りと信頼できる国を目指して〜今、守るべきものは何か〜」でした。

 

今回の櫻井さんの話の中心は、日本人の国家意識の欠落の喚起にあったと思いました。

 

現在、民主党の鳩山首相は「友愛」を掲げて、何もかもをこの言葉で解決しようとしています。

例えば、国防問題では近隣諸国の中国からは、地下資源を目当てに尖閣諸島をどんどん侵食されてきています。

国防という意識に欠けた対応が、近隣諸国から舐められた対応をとられてしまっています。

こんなことに目をつぶっているといつの日か、中国が2300万人の台湾を併合しようと狙っているように日本も、中国に併合される日が来るのではないかと、櫻井さんは憂いていました。

 

「国家」とは?

日本は島国で日本人同士、固まっています。
また陸続きで国境が在るわけではないので「国家」というものを考えていません。

「国家」とは国民の生命や財産を守る大切なものなのです。

経済だけでは国を守れないのです。

現在の自衛隊では自国を守るだけの軍事力がありません。

政治力と軍事力、両方備えていなければ「国家の生存」を担保することができません。

 

幕末から明治にかけて国を守ることに必死になっていた、あのころのような「日本人の心」を取り戻しましょう。
                                   (櫻井よしこさんの講話より)


話の所々、中国批判、アメリカ擁護ともとれる表現がありましたが、ゆるぎない愛国心、次世代の若者達に日本の輝かしい未来を託したい気持ちがひしひしと伝わってきました。

 

人柄を垣間見られる話として、現在64歳の櫻井さんの98歳になる母親の介護の話は印象的でした。今まで忙しくて向かい合うことがなかった母親との時間を、介護という形で神様が与えてくれたことに感謝しておられました。

 

最後に学生から、「日本と中国が戦争を始めた場合、アメリカはどういう対応をとりますか?」という質問に、「基本的には、日本と中国を戦わせることはありません。」ときっぱり答えておられました。

 

今回の講演会で、100年以来の大不況といわれながらも、生存はなんとなく保障され「平和ボケ」している日本人に警鐘をならしてもらいました。

 

「現在は、インターネットという媒体があるので、政治家に直接意見をどんどん言ってください。国民の一人一人の意見が反映されるように、声がちゃんと届くようにしていきましょう。」と提案されていました。


将来、世界地図から「日本国」という文字が消えてなくならないように、今から「国家」について真剣に考えていかなければならないと、思わせていただいた貴重な時間でした。


しかし、「国防」など考えることのない本当の平和とは何なのか?
本来はそれを実現できることが一番大切だと思います。
世界中の人々が、飢えや戦争、さまざまな恐怖から解放される日が来ることが、本当の意味での平和であります。

ナカヨシ * - * 23:32 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ